妊活 冷え サプリ

妊活中@冷え症の人におすすめサプリランキング

このページは妊活中で冷え症の私が、おすすめのサプリについて調べたことを詳しく書いています。

 

 

私、半年前に結婚して、今タイミングで妊活中なんだけど、少し焦っています。
だって、まだ妊娠しないんです・・・。もともと冷え症だし。妊娠しにくい体質なのかも・・・。
(普段から腹巻きをしたり、靴下を履いて寝たりと、冷えの対策はしているんですけど)

 

妊活中です

 

 

友人には相談しにくいし、言っても『まだ焦る必要ないよ』と言われるに決まっているし・・・、もし不妊症だったらどうしよう・・・。

 

病院で検査をすればいいんだけど、旦那に言っても『大丈夫だよ〜』の一言。

 

とりあえず、自分で今できることを考えて、まずは妊活用のサプリを飲むことにしたんです。
でも、ネットや本を調べてみたら、いろんな物があって、冷え症の私の妊活に何か一番合っているのか良くわからなくて・・・。

 

なので、今回、冷え症の人が飲むと良い妊活サプリを徹底的に調べてみましたので、シェアしますね。

そもそも冷え症に効果のある妊活サプリってあるの?

冷えに効果のある妊活サプリはあります!

 

 

妊活の冷え対策

 

 

妊活サプリは、葉酸っていうイメージがありますけど、葉酸以外にも妊娠しやすくなるように、いろいろな成分が入っているものがほとんどです。

 

ビタミンや鉄、亜鉛、乳酸菌、野菜・・・などいろいろなものが入っています。 

 

そのなかでも、冷えの改善に良いサプリ成分としては、ショウガやトウガラシ、マカ、ザクロ、高麗人参、キヌアなど、体をあたためる効果のあるものや、体の元気にすることによって温める力を強めるものがあります。

 

それらが入っている妊活用のサプリを飲むことによって、体全体やお腹(特に子宮)が暖かくなり、妊娠しやすい体になっていきます。

 

つまり、葉酸をとりながら、冷えの改善に良いサプリ成分を一緒にとっていけば良いわけですよね。

 

冷えに良い妊活サプリ1位 『オーガニックレーベルの葉酸』の特徴

天然原料100%で完全無添加。放射能検査。
医薬品レベルのGMP認定工場で生産。
ハリウッドセレブに人気のスーパーフード「キヌア」が配合。
天然葉酸や103種類の野菜や果物、40種類以上の栄養素配合。
生姜、マカ、高麗人参、ルイボス、たんぽぽ、ざくろ、ローヤルゼリーなど、妊活に良い成分が多く含まている。

価格 初回 500円
評価 評価5
備考 初回 送料のみ500円 2回目以降10%オフの3960円(送料無料) 6回継続
冷えに良い妊活サプリ1位 『オーガニックレーベルの葉酸』の総評

冷えに効果のある、ショウガやマカ、高麗人参、ザクロなどが入っていて、冷え取り効果はとても良い感じです。

葉酸は、天然葉酸と使っていて、他の入っている成分すべてが天然原料というこだわり。

まさに、冷え性の人にとってナンバーワンの葉酸サプリといえます。

kodakara

冷えに良い妊活サプリ2位 『kodakara』の特徴

妊活専門の鍼灸整骨院が中心になって開発。
医薬品レベルの工場で生産。
天然葉酸、タンポポ、ローヤルゼリー、亜鉛、α-リポ酸、ビタミンE、鉄、コエンザイムQ10、乳酸菌、ナットウキナーゼ、イソマルトオリゴ糖。  

冷えに良い成分としては、マカ、トウガラシ、冬虫夏草、ニンニクを配合。

価格 2980円
評価 評価4
備考 初回83%オフ2980円、2回目から55%オフの7980円(送料無料) 5回継続
冷えに良い妊活サプリ2位 『kodakara』の総評

天然葉酸を使用し、冷えに良い成分が多く入っているので、とても良い冷え症用の妊活サプリです。

ただ、値段が他のものに比べて、少し高めなのが欠点です。

makana

冷えに良い妊活サプリ3位 『makana(マカナ)』の特徴

無添加。放射能検査済み。
医薬品レベルのGMP認定工場で生産。
葉酸、日本産マカ、50種類以上の栄養素配合。
女性に不足しがちな成分をバランスよく配合。
男性の妊活にも良い。
葉酸、スピルリナ、GABA、DHA・EPA、ルイボス、22しゅ類の野菜。ビタミンE,ビタミンB6、鉄、亜鉛、ビタミンC配合
冷え取り成分として、金時しょうがや日本産マカが配合。

価格 3980円
評価 評価5
備考 初回 3980円(送料無料) 2回目から10%オフの5980円。いつでも解約可能
冷えに良い妊活サプリ3位 『makana(マカナ)』の総評

冷えに良い金時しょうがや日本産マカが入っていて、冷え症の妊活サプリとして良い商品です。

また、ストレスに良い効果のあるGABAが配合されているので、妊活のストレスが気になる人にもおすすめです。

いつでも解約できるのもうれしい配慮です。

 

私が一番おすすめなのは1位の『オーガニックレーベルの葉酸』です。

ここまで、冷え症の人に効果的な妊活サプリをご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、『オーガニックレーベルの葉酸』です。

 

 

おすすめ妊活サプリ

 

体や子宮をあたためる効果の高い成分が一番多く入っていて、その他の成分も妊活中や、妊娠中にも良いようにバランス良く入っています。

 

妊活中や妊娠中には、体に入る添加物も気になりまるところですが、このサプリは、100%無添加でなおかつ葉酸も天然のものを使っているのもポイントです。

 

また、妊活中は栄養の偏りや栄養の過剰摂取は良くなくて、1日30品目の食材を取ることが理想です。
でも、なかなかむずかしいのも事実ですよね。

 

このオーガニックレーベルの葉酸は、103種類の食べ物からできている妊活サプリですので、栄養のバランスの意味でも良い配合です。

 

配合成分、価格、口コミなどをトータルで考えると、オーガニックレーベルの葉酸が一番おすすめです。

 

※私も、飲み始めました ヾ(≧∇≦)ゞ

 

 

公式ページはこちら

 

 

 

 

 

妊活中の冷え予防に、普段から気をつけたいこと

冷え性の人が、予防のために普段から気をつけたいことをご紹介しますね。
(※特に、妊活中は冷えの予防が大事ですので・・・)

 

朝ごはんをしっかり食べる。

当たり前のことをいってますが、なかなかできていいない人が多いです。
特に、仕事をしている人などは時間がないなどの理由で、朝食を抜いてしまったり、簡単に済ませてしまうことが多いようですが、冷えの予防のためにもしっかりと食べましょう。
朝ごはんを食べると、代謝が上がって、体を温める力も高まります。おすすめは、パン食よりごはんに味噌汁の和食です。

 

体を温める食材を多く摂る

先ほどの朝ごはんに関連しますけど、食べ物には体を温めるものと、冷やすものがあります。
なるべく、温める食材を多く摂るように気をつけたいですね。

 

体を温めるもの

根菜類(大根、ジャガイモ、人参、ごぼう、山芋など)や、生姜などの薬味、紅茶やほうじ茶など。

 

その他に、体の血液を増やして冷えの予防に良い食材としては、ナツメ、ざくろ、黒ゴマ、レーズン、プルーン、クコの実、小豆など、色の黒いものや赤いものが良いです。
血流を良くすることによって冷えの予防に良い食材には、サンマやイワシ、アジ、サバなどの青魚や、玉ねぎ、にんにく、らっきょう、シナモンなど。

 

体を冷やすもの

暑い時期は、少しぐらいは良いかもしれませんが、冷え性の人はなるべく少なくしましょう。

 

生野菜、南国の果物、牛乳、きゅうり、なす、スイカなど。

 

体を動かす

定期的に運動をするのが理想ですが、「なかなか時間がとれない」という人は、通勤時や普段の生活でなるべく歩くようにしましょう。エスカレーターではなく階段を利用したりするなども、簡単にできる運動になりますので、参考にしてくださいね。

 

シャワーではなく、湯船につかる

冷え症のひとは、夏でもシャワーではなく、湯船にしっかり浸かりましょう。

 

ストレス対策

ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れて、血流が悪くなり、冷え症の人はさらに冷えやすくなる場合があります。ストレスのない生活を心がけましょう。(・・・無理・・・ですよね)

 

簡単にできるストレス対策は、睡眠時間をしっかり摂ること。
できれば、夜11時前までには寝るようにしましょう。

 

 

以上、簡単ですけど、普段の生活で気をつけると効果的な冷え取り対策をご紹介しました。

 

冷え性に効果のあるサプリ成分

冷えの改善に効果が期待できるサプリ成分には、どのような成分があるのか、また、その効果はどうなのかをご紹介しますね。

 

血流を良くして冷えを改善する成分

血流が悪いと、体をあたためる血液が体のすみずみまで行き渡りませんので、冷えてきます。例えば、手足の冷えなどはその例です。
そのようなときは、血流を良くする以下のようなサプリ成分が効果的です。
・ザクロ
・ルイボス
・EPA・DHA

 

また、貧血などの場合も、血流が悪くなりがちです。そのような時は、鉄分の入ったサプリメントなどが良いです。

 

直接体を温める成分

・生姜
・トウガラシ
などは、直接的に体を暖かくさせる成分です。冷奴を食べる時に体が冷えないように生姜を薬味に使ったりするのは、その例です。

 

代謝を良くして冷えを改善する成分

・高麗人参
・マカ
などは、体を元気にして基礎代謝を高めることにより、体温の維持する力を強める作用によって、冷え症の改善に効果があります。
高麗人参などは、漢方薬の原料でよく使われています。マカは卵巣の機能にも良い影響が見込まれます。

 

自律神経のバランスを整えて冷えを改善する

自律神経の乱れも、冷え症の原因になります。自律神経は体温の調節に重要な役割をしていて、真夏などの暑い時期は汗をかいて体温の下げるように働いたり、反対に寒い時期はなるべく体温を維持するように調整しているのですが、バランスが崩れると、その調節作用がうまく働かないために、低体温の原因になったりしまうす。下の成分は、自律神経の調節に良い効果が期待できるサプリ成分です。
・ビタミンE
・ローヤルゼリー
・タンポポ
・GABA

 

冷え取り効果のあるサプリ成分について、ご紹介しました。
⇒これらの成分の入った、私おすすめの冷え性改善妊活サプリはこちら